« 雪の結晶チャームづくり | トップページ | 雨を聴く 徳川園の和傘 »

2012年6月15日 (金)

「魔術/美術」

愛知県美術館で開催している
「魔術/美術――幻視の技術と内なる異界」という展覧会へ
学芸員さんによる説明会に合わせ行ってきました。

今回は「愛知県美術館 開館20周年」
愛知・岐阜・三重 三県立美術館協同企画。

いつもは常設展に展示されている作品を
「魔術」をテーマに
柔軟に作品を紹介するという面白い展覧会でした。

学芸員の方が「頭をシャッフルさせて見てください」という
言葉がまさにぴったり。

0615_02

愛知県美術館と言えば2005年に開催された
アジアの潜在力-海と島が育んだ美術-
という展覧会も本当に良かったなぁー。

一人の作家や事柄をピックアップする展覧会も
どんどん深く掘り下げて知る楽しみがあるけど、
色々な人物、分野、事柄を多く取り上げる展覧会も
色々な角度から激しく気持ちを揺さぶられる感じが結構好き!

昨年藤井達吉現代美術館で開催された
抱きしめたい!近代日本の木彫展」とかね〜
こういう提案型の展示をどんどん開催して欲しいです!

会期は6月24日(日)まで。

そうそう!
12月21日(金)―2013年2月11日(月・祝)は
クリムト生誕150年記念の展示があるので
そちらも楽しみです!

0615_03

魔術/美術(ビジュマジュ)鑑賞後は同じ階にある
ウルフギャングパックでピザ&ワイン。
TV塔が見える夜景の綺麗な席でとってもムーディー

0615_01

と言っても姉妹で…だけどね。

↓よろしければ、ぽちっと、お願いします。↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

« 雪の結晶チャームづくり | トップページ | 雨を聴く 徳川園の和傘 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の結晶チャームづくり | トップページ | 雨を聴く 徳川園の和傘 »