« 日仏食堂EN | トップページ | なり多 »

2012年11月 1日 (木)

トビラ展の作品を制作して…

先日オープニングパーティーに参加した「トビラ展
実はぎりぎりまで出品を悩んで、申し込みをしました。


広告の仕事ってお客さんと話し合いながら
一緒に作り上げて行くので、
「自分の作品」ってなると、実はかなり苦手…。

ルリユールの作品も本の内容に合わせるので
自由度が高いと逆に困ってしまうのです。

今までブログで紹介して来た色々な作品も
基本「道具」=「使うもの」で
「こんなの欲しい」という要望があるから
取り組みやすいのです。


制作に困っちゃったので、
今までの色々な作品展に出かけた時の
ネタ帳を読み返してみると
自分が「好き」って思って書き留めたメモには
共通点がある事に気が付きました。

そして改めて「今、何を作りたいのか」を整理していくと
今後自分が取り組みたい課題が見えてきました。

要望→今後自分が作りたい作品、取り組みたい課題。
と、作品を作る意味を自分なりに導き出す事で、
やっとラフスケッチに取りかかる事ができました。


20121030_10




今回のテーマは「時」
色々な季節が移り変わり、時が巡り重なる様子を表現しました。

私は工芸が好きなのですが、
日本の四季って永遠のテーマだと思うんです。

本当は文様等を取り入れて表現したかったのですが
それは今後の作品への課題だとして、
日本の四季に取り組む第一歩として
今回の作品を作る事にしました。



トビラは20年前へのトビラ。

画面の中央で
時の流れに身を任せているのは20年前の私です。

当時の私はデザイン事務所に勤め始めたばかり、
作り出せる表現力もなく…
でも若者独特のパワーを持て余していて

発表する予定のない写真を撮ることで
その混沌とする気持ちを解消しようとしていました。


それから20年…いまだデザインを仕事にしています。
拙いながらも20歳の頃よりは
何かを作り出せる環境になってきました。

20年後。60歳になった私はどうしているんでしょう?
20歳の40歳の自分をどう感じるのでしょう。


今回トビラ展の作品を作る事で
今の自分はまだまだ未熟ですが
今後の課題が見えて来た事がとても大きな収穫で

それは…
なんだか新しい未来へのトビラを開けた様な気分。


できれば本物を、
 触れて、
 開いて、
 みて
ほしいです。

会期:10月30日(火)~11月4日(日)
AM11時~PM7時(最終日はPM6時まで)

会場:セントラル・アートギャラリー
名古屋市東区泉1-13-25セントラルアートビル4階
地下鉄名城線 久屋大通駅1A出口より北へ徒歩3分




昨年末にフリーランスになってからの
お仕事や作品をまとめたサイトをオープンしました。
是非ご覧ください。→ BeeStudio Website



↓よろしければ、ぽちっと、お願いします。↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

« 日仏食堂EN | トップページ | なり多 »

仕事 グラフィックデザイン・講師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日仏食堂EN | トップページ | なり多 »