« FOYER(ホワイエ)さんの大人のグラニテ | トップページ | 晴れの日 »

2015年9月14日 (月)

超絶技巧!明治工芸の粋

P9137563

昨日ぶらっと多治見市の岐阜県現代陶芸美術館で開催している
「超絶技巧!明治工芸の粋」を見に行ってきました。

お目当ての柴田是真はいまいちだったけど
(青海波塗りの棗の展示は、かなり不満。)
白山松哉のモダンなデザインは勉強になりました。

七宝→薩摩焼→金工→印籠→漆工→
刺繍絵画→刀装具→牙彫・木彫→自在…と
作品展の展示の流れが良く、
お客さんも少なすぎず多すぎず、いい展覧会でした。

特に七宝は見応えがあったし、
自在置物という日本の金属工芸の一種など
色々な工芸を見る事ができて楽しかった。

家に帰って「別冊太陽の 明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧!」を
見直そうと思ったんだけどどーにも見つからない💦。
うーむ。どこいっちゃったんだろう?


同時開催の「吉田喜彦とうつくしいものたち」。
超絶技巧の勢いに疲れきって、
見るのを辞めようと思ったけどふらふら入ってしまい…。
意外と良かったです。

吉田氏のコレクションも展示してあり、
日本や海外の素朴で力強い民芸品などから影響を受け、
その作品が出来上がっているのだというのが分かりやすく、
作品に対してもまた理解が深まったと思います。


会期は12月6日(日)まで。
(11月3日(火・祝)文化の日は全館無料開放だそうです!)

休館日 月曜日
開館時間 午前10時~午後6時
観覧料 一般800円
10月31日(土)にはトークイベントのゲストに
山口晃氏がくるみたいですよ。
山口晃ファンも是非。(要予約)

多治見の岐阜県現代陶芸美術館

« FOYER(ホワイエ)さんの大人のグラニテ | トップページ | 晴れの日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超絶技巧!明治工芸の粋:

« FOYER(ホワイエ)さんの大人のグラニテ | トップページ | 晴れの日 »