« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 日ペンボールペン字 第六回添削課題 »

2017年1月 3日 (火)

2017年のおせち

2010年から始めているおせちづくり。
今年は↓こんな感じでお正月を迎えました。
困り顔の魚さんもちゃんといますよ!

20170101_1

プレートの盛り付け方は料理教室をされている方の
ブログの写真を参考にさせていただきました。
盛り付け方って大事ねー しみじみ…。

20170101_03


2日の実家での新年会用↓
20170102_1


おせちの覚え書き

2011年のおせち
2012年のおせち
2013年のおせち
2014年のおせち
2015年は1回お休み
2016年のおせち


この本を基本に↑
買い出しを含め4日かけてのんびり作っていますが
(各日3〜4時間程度)
参考になるようにCookpadより、
近いレシピをリンクしています。

28日 買い出し
買い物リストはこちら→ おせちづくり 買い出しリスト

買い物から帰ってきたら
• 鶏、鮭、ブリ、エビに酒をふりかけておく
• 数の子を水につける
• 大根やカブに葉が付いていたら切り落としておく
• もち菜 正月に使わない分は茹でて冷凍しておく。

黒豆
砂糖はザラメorハチミツに変更 天津甘栗を入れ
黒豆を煮汁の中に入れておく
紅白なます
菊花カブ
(大きめのカブを四等分して小さな球を作って使っています。
 盛りつけの時に刻んだゆずをちらす)

酢蓮(レンコン) 菊花カブと同じ漬けタレ
( 炒り鶏用のごぼうを一緒に茹でておく)
(漬けダレは多めに作り なます、カブ、レンコンなど切れ端をいれておく。)

• 大根は米のとぎ汁でゆでて、ダシかコンソメで煮る
(29日か30日の晩ご飯に)


• さつま芋を水にさらす
• 昆布を水につける(昆布は少なめに)

29日
• 数の子の水を換える
ダシを5〜10カップ程度作っておく

栗きんとん
(本では、くちなしは使っていませんがとても綺麗に出来ます。
我が家では砂糖は入れず甘露煮スロップ(半分)+レモンを大さじ1入れています。)

きんかんの甘露煮
たたきごぼう ごぼうは太めの物を使う
( 炒り鶏用のごぼうを一緒に茹でておく)
鮭の昆布巻き
(昆布は厚いとお腹いっぱいになるので、厚みをみて調整する。)


• 干し椎茸を水にもどす。

30日
• 数の子の水を換える

炒り鶏 我が家は里芋を入れます。

海鮮類を買っていなければ買い物に行く。

31日
田作り
クルミの代わりに砕いたカシューナッツを入れています

オーブンで連続で焼いていきます。
伊達巻

醤油は控えめに、漬けダレに漬けるのは30分〜1時間
オーブンで250°
エビの照り焼き 
5分→刷毛でタレを塗って5分→ひっくり返して刷毛でタレを塗って5分
ぶりの照り焼き 
10分→刷毛でタレを塗って3〜5分

• 数の子 薄皮をむき、ダシをくぐらせる
• きぬさやを軽く塩ゆでする(炒り鶏用)

• アンチョビのディップを作る
(クリームチーズ、パセリ、レモン汁)

1日 朝
お雑煮をつくる。


買い出しリスト

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 日ペンボールペン字 第六回添削課題 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年のおせち:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 日ペンボールペン字 第六回添削課題 »