« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

ワンダーカッツでレタープレス

レタープレスの授業ではエボリューション、
私物ではビックショットを使っているのだけど、
妹が欲しい時にすぐ自宅で名刺を刷れるように
ワンダーカッツを買ってみました。

楽天で3980円!
WonderHouse

20170528_01


ワンダーカッツが届いたので妹の名刺を
印刷とエンボスが1度に出来るように調整。
なかなかいい感じ!

黒はスタンプだと色が薄いので、
ちゃんとローラーでインクを付けた方が良さそう。
次回はインクを刷る台を作らなきゃ。

2017年5月18日 (木)

手づくり樹脂板

学校で行っているレタープレスや箔押しの授業を
一般の方を対象にWSをやってみようかなと試行錯誤中です。

今日はデータ制作を出来ない方の為に
その場で版が作れないか実験。

20170517_00

半年も前に真映社の角田師匠にいただいていた
樹脂板を使ってやっとテストがやっとできたー💦
(のんびり屋の弟子でスミマセン〜)

細かい文字は難しいけど、
ロゴやイラストなら結構綺麗に出そう。
16ptの文字でテストをしてみたら
製版も印刷も綺麗に出た〜 shine

二枚目の写真は大失敗の版、
だけど文字のはがれ方がなんだか面白い。

20170517_02

2017年5月14日 (日)

ホームベーカリーで生パスタ

ホームベーカリーで作った生地で生パスタ
最初は麺を包丁で切って四苦八苦。

20170507_01

伊勢海老のトマトクリームソース↑

二回目はパスタマシンを実家から借りてみた。
伸ばすのも切るのも楽々だけど、
後片付けがちょっと面倒。

20170514_02

20170514_01

ベーコン、小松菜、玉ねぎ、人参のホワイトソース↑

麺が太めだったせいかきしめんっぽい。
次回は細麺で作ってみよっと。

2017年5月10日 (水)

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

文章はことばの建築だ。
だから本は釘でしっかりとめなくてはならない

20170510_01

碧南市藤井達吉現代美術館で開催している
「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」を
妹と見に行ってきました。

美術館でのペースが異様に遅い私たち姉妹。
14時半から閉館までじっくり堪能してきました。
(時間に余裕があれば再入場したかったくらい。)

20170510_12

「暮らしの手帖」のロゴって決められた書体を
使っているのかと思っていたら、
イラストによって使い分けられていて
しかもすべて手書き!花森安治さんの文字の美しに見惚れてしまいました。
それぞれのロゴ見比べるのも楽しかったです。

「暮らしの手帖」で一度だけ裏表紙に広告を掲載したのは、
資生堂のデザイナーの山名文夫の勧めであったとか。
山名文夫のデザイン大好き!
好きな人の名前が急に出てくるとびっくりするよね。そして嬉しい

版下の指定紙なども展示されており、今では面倒でやらない様な、
切り貼りならではの文字組みを見ると、
「あーもっと頑張ろう」と思うのでした。

20170510_03

会期は来週の21日(日)まで。
平日だったせいか館内はあまり混んでいなかったけど、
駐車場は満車で停めるのが大変だったので、
週末に行かれる方は公共交通機関か早めの時間が良いかも。

2017年5月 3日 (水)

初、タケノコ掘り〜♪

海の幸の次は山の幸!
今日は親戚の山に初タケノコ堀りに行ってきました。

今年は蕗のとう、お茶摘み、タケノコ…と、
親戚のお陰で日本の春を満喫しています。

20170503_01


20170503_02


20170503_03

「たけのこを掘りはじめたら、お湯をわかしておけ」
家に帰って早速アク抜きをしました。

20170503_04

タケノコのアク抜き

20170504_02

タケノコご飯
姫皮のお吸い物を作りました。

タケノコの煮物

もちろん、せっせとタケノコの冷凍保存もしました。
これでたけのこたっぷりのシュウマイを作るんだ〜♪


2017年5月 1日 (月)

初、お茶摘み〜♪

母の在所、志摩でお茶摘みをしてきました。

いつもは新茶をもらうだけなのですが、
「お茶摘みしてみたい!」と出かけてきました。
畑仕事をするのは気持ちがいいですね。

20170430_01

20170430_02

20170430_03

越賀茶はあまり流通しないのでとても貴重なお茶だそうです。
香りと甘みが優しい味わいがとても美味しい。

お隣のお家の方もお手伝いしてくれました。
お茶摘みは限られた期間に
集中して摘んでしまわなくてはいけないので
お互いの協力し合っているそうです。


20170430_04

20170430_05

サザエと法螺貝。
奥の巨大サザエは割らずにヘラを使って中を取り出しました。

夜には手捏ねやたくさんのお刺身の海の幸。
特に新茶を使ったカツオのお茶漬けが美味しかったなー。

帰りにはまた車いっぱいのお土産。
叔母や祖母の愛情に感謝!

20170502

義母と一緒に恒例の晩御飯。
茹で伊勢海老
サザエのご飯
ブリとアオサのすまし汁
フキ、ひじき、人参の煮物
ぶりの刺身

サザエのご飯、初めて作ったけど美味しかったー♪




000_2

サザエのご飯

米 2合
さざえ 5個
さざえの茹汁
酒/酒/生姜 少々

口、ヒモ、砂袋は取って捨てる。

肝は先端をニンニクバターで炒め、別のおかずしました。
こちらもご飯のお供に大好評。 shine

サザエのご飯は「翌日お茶漬けにすると良い」と書いてあったので
お昼にお茶漬けにしたらサザエの出汁が出てすごく美味しかった!

今度サザエをもらってきたらサザエのご飯にしよう!



000_2

ぶりの刺身は残ったのを翌日漬けにしました。
「マツコの知らない世界の相撲メシ」で紹介していた
尾車部屋のブリの胡麻和えを少々アレンジ
ブリ(お刺身1cmに切る)
たまりしょうゆ1、酒1、みりん2、大葉、ねぎ、すりごまを混ぜたタレで和える。
(たまりしょうゆ、酒、みりんはレンチンして冷ましておく)

漬けする時は30分〜1時間くらい漬けておくけど
結構味が濃かったのであまり付け過ぎない方がいいかも。

ごま油やわさび、ニンニクで味変しても良さそうです。

ブリの胡麻和えがこれまた微妙に残ったので翌日のおかずに。
新玉ねぎと一緒にフライパンで炒め
ダシ汁と卵で焼きました。
大葉の香りが良く、一品になりました。↓

20170504_01

伊勢海老の殻はもちろんブイヨンに、
伊勢エビのブイヨン
パエリヤや、トマトクリームのビスクに使う予定です。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

CKのつぶやき

  • 物づくりと新婚生活、
    両立出来る様に頑張っています。

    cookingのページは → こちら

Mailはこちらから↓