« 初、タケノコ掘り〜♪ | トップページ | ホームベーカリーで生パスタ »

2017年5月10日 (水)

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

文章はことばの建築だ。
だから本は釘でしっかりとめなくてはならない

20170510_01

碧南市藤井達吉現代美術館で開催している
「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」を
妹と見に行ってきました。

美術館でのペースが異様に遅い私たち姉妹。
14時半から閉館までじっくり堪能してきました。
(時間に余裕があれば再入場したかったくらい。)

20170510_12

「暮らしの手帖」のロゴって決められた書体を
使っているのかと思っていたら、
イラストによって使い分けられていて
しかもすべて手書き!花森安治さんの文字の美しに見惚れてしまいました。
それぞれのロゴ見比べるのも楽しかったです。

「暮らしの手帖」で一度だけ裏表紙に広告を掲載したのは、
資生堂のデザイナーの山名文夫の勧めであったとか。
山名文夫のデザイン大好き!
好きな人の名前が急に出てくるとびっくりするよね。そして嬉しい

版下の指定紙なども展示されており、今では面倒でやらない様な、
切り貼りならではの文字組みを見ると、
「あーもっと頑張ろう」と思うのでした。

20170510_03

会期は来週の21日(日)まで。
平日だったせいか館内はあまり混んでいなかったけど、
駐車場は満車で停めるのが大変だったので、
週末に行かれる方は公共交通機関か早めの時間が良いかも。

« 初、タケノコ掘り〜♪ | トップページ | ホームベーカリーで生パスタ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼:

« 初、タケノコ掘り〜♪ | トップページ | ホームベーカリーで生パスタ »

無料ブログはココログ