« 日ペンボールペン字 第十一回添削課題 | トップページ | 久しぶりの竹尾さん »

2017年7月 7日 (金)

レザック & マーメイド ー凸と凹の系譜ー

20170707_04


20170707_05


東桜会館ギャラリーで開催している
竹尾の「レザック & マーメイドー凸と凹の系譜ー」の
名古屋巡回展に行ってきました。

レザックは主に1960年〜1970年代に発売されたこともあり
「学校の文集とかに使われる定番だけど古いイメージ」があって、
昨年発売されたレザックの新作の紙見本を見た時は
「新いレザック、新鮮!」って思っていたけど、
今回改めてその歴史を知ることができてとても興味深かったです。

開発された時の経緯を知ると
また新しく制作意欲がかきたてられるし、
変な固定概念を持つのはいけないなーと反省しました。

しかし1950年代の紙が未だ現役って凄いよね。
(マーメイドの発売は1956年原弘氏監修)


マーメイドのエンボスはフェルトを使っているので、
柔らかい凹凸になっている事、
レザックのエンボスは金属板を使っているのでシャープなど、
実際のフェルトや金属板の
展示がしてあり分かりやすかったです。

「日本タイポグラフィ年鑑2017作品展」
「第63回ニューヨーク・タイプディレクターズクラブ展」も
同時開催中で、
ブックデザインや紙を生かしたポスターや
パッケージの展示もあって見ごたえあり。

紙見本もたくさんいただいてきちゃいました♪

明日8日(土)16:00-16:30はギャラリートークがありますよ。
(時間に都合がつけば行きたかったー)

展示会は明後日9日(日)までです。

東桜会館 1F ギャラリー  11:00-20:00(7月9日は16:00まで)
レザック & マーメイドー凸と凹の系譜ー

« 日ペンボールペン字 第十一回添削課題 | トップページ | 久しぶりの竹尾さん »

仕事 グラフィックデザイン・講師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レザック & マーメイド ー凸と凹の系譜ー:

« 日ペンボールペン字 第十一回添削課題 | トップページ | 久しぶりの竹尾さん »