« 2017年度前期も、もう直ぐ終わり。 | トップページ | 夏の大掃除 »

2017年7月25日 (火)

志摩の奇祭 潮かけ祭り

志摩市和具で800年近く続く伝統を誇る奇祭。
「潮かけ祭り」に参加しました。

この「潮かけ祭り」は正式名は「大島祭」。
地元の人々には「じんじん(神々)」と呼ばれ
親しまれています。

毎年旧暦の6月1日に行われる為、
日曜日に当たるのは稀、
10年以上も参加したいと思っていましたが、
やっと念願叶いました。

20170723_01

大漁旗をあげて大島を目指します。


20170723_02

大島上陸!

20170723_03

続々と上陸!

20170723_04_2

海女さんが海にお祈りをしてから、
神事が始まります。


20170723_05

このお祭りは旧暦の6月1日に
和具の八雲神社(やくもじんじゃ)にお祀りされている
海の安全を守る市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が、
和具の沖合2kmにある無人島の大島にある祠に
里帰りするという言い伝えに基づいて行われるものです。

この写真は 大島の祠で市杵島姫命にお参りしているところ。

20170723_06

神事が終わるまで海水浴状態。
平和。

20170723_07

お参りが終われば船に乗って和具港に帰ります。

20170723_08

これが御神体を乗せているまんどう船。

「まんどう船に一番最初に潮をかけた船が大漁する」
「一番最初に潮をかけた人が一番幸せになれる」
という言い伝えがあります。

20170723_09

そして潮かけが開始!
もうそのまんま「潮かけ祭り」!

20170723_10


20170723_11


20170723_12


20170723_17

ちなみに「潮かけ祭り」の時に
好きな女の子を抱きかかえて海に投げ入れて
告白するという風習もあるそうです。

確かに、好きな女の子を海に落としちゃうなんて
若い男の子がやりそうな告白だな。

20170723_18


20170723_19


20170723_20


20170723_21


20170723_22


20170723_23

市場にいる陸のお客さんにも船から潮かけ!
陸も船も水だらけ。

20170723_31


20170723_24


20170723_25


20170723_29

20170723_26


20170723_27


20170723_28

20170723_30


私は船の先頭で撮影に夢中だったので、丸腰。
やられっぱなしでした。

20170723_32


20170723_33

花火が打ち上げられたらお祭りは終了。
天気が良くてめちゃめちゃ気持ちよかったー。


お互いに潮かけあう荒々しくも力強いお祭りは、
お祭りの根本的な祈りを感じます。
今回はまさに潮で心洗われたなぁー。

海と共に生きる人の、自然に対する畏怖と祈り。
街中で暮らしていると
自然の中に生かされている事を忘れがちですが、
和具に行くたびに
(原始的な宗教観をいつも感じて)
命を洗われる気持ちになります。

ま、潮をかけあっている間はそんな事考えないで
純粋に楽しかったぁ。


和具のみんなありがとう!
来年も行けたらいいなー。

« 2017年度前期も、もう直ぐ終わり。 | トップページ | 夏の大掃除 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志摩の奇祭 潮かけ祭り:

« 2017年度前期も、もう直ぐ終わり。 | トップページ | 夏の大掃除 »