« くるくるレタープレス エンボスについて | トップページ | くるくるレタープレス 版制作の応用 »

2019年1月29日 (火)

くるくるレタープレス 多色印刷について

一版をカットした多色印刷

 

以下の写真は名刺サイズの樹脂版を
3つにカットして3色印刷していますが、
ワークショップの時間内では3色印刷は時間が足りないので
初めて参加される方は2色までにしてください。
樹脂版をカットする場合は追加料金はありません。
(写真はスチールベース)

 

20190130_07_01_2

 

版を二分割して色分け↓

 

20190130_07_02_2

 

版完成後ハサミで切るので複雑なカットにならないようにしましょう。
各パーツの間は10mm程度間隔をあけてください。

 

2版を使った多色印刷
版が追加になるので追加料金になります。

AIデータ入稿  +1,000円
Wordデータ入稿 +1,500円

20190130_07_04
20190618_02

 

 

スタンプインクを使った1版の多色印刷
版はカットせず1版のみ。
インクをローラーではなく複数のスタンプインクで
色を付け一回でプレスします。
色の境目がグラデーションになります。
また、ローラーで印刷するより時間がかります。

 

20190130_06

 

 

バーコ印刷
スタンプでスタンプインクを糊代わりにして樹脂の粉を貼り付け
ヒーターの熱で樹脂を溶かし発泡させた後、
冷やし固めてツヤを出す印刷方法。
ツキネコさんではエンボスパウダーという名前で販売されています。
ツヤはありますが、
表面はUVニスの様なつるっとした感じではなく
少しザラザラした感じに固まります。
スタンプ制作
2mm厚スタンプ 3cm角 400円 3cm×6cm 800円

20190618_09_20190625110401

20190613_03

左がスタンプ版 右がエンボス版

20190618_04

スタンプを作らなくても、
印刷時にインクが乾く前にパウダーをかければ ↑
全体をバーコ印刷にする事ができまsす。

20190130_08
色つきのインクを使ってもいいし(一番下)
透明インクの場合はグレーや茶色の紙は効果が出やすいです。
20190130_09

 




« くるくるレタープレス エンボスについて | トップページ | くるくるレタープレス 版制作の応用 »

製本・クラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くるくるレタープレス 多色印刷について:

« くるくるレタープレス エンボスについて | トップページ | くるくるレタープレス 版制作の応用 »