« レタープレスで名刺づくり 2019 | トップページ | くるくるレタープレス エンボスについて »

2019年1月29日 (火)

くるくるレタープレス アナログ原稿について

今回のレタープレスでは版の制作が必要なのですが
.ai(Adobe Illustrator)でデータ制作できない方は
手書きのイラストや手書き文字から版の制作が可能です。

レタープレスのアナログの質感は
手書きイラストにとっても合うのでオススメです!

20190130_03

20190130_04


【イラストのみ描いて制作する場合】

①イラストは黒のペンで書いて
  鉛筆で下書きをしている場合は
  インクが乾いてから消しゴムをかける。
  5.5cm×9.1cmの名刺枠を書くとイメージしやすいです。

 写真は太めの水性ペンですが、細めのペンでもOK
 見本はラフなイラストと文字ですが、
 万年筆で書いた大人の手書き文字もカッコイイ!

② 明るい場所で真上から写真を撮る
  (スキャニング出来れば、さらに◯)

20190130_30

③下記の様な指示書と住所などの情報をテキストで
  ①のイラスト(可能な限り高解像度)と
  一緒にメールで送ってください。
   
  手書き文字は画像扱いです。

  原画から拡大縮小はできるので、
  書いたあと「もう少し大きく右に移動」とか
  「幅を 5cmに拡大」などメールで補足してください。

  イラストは5.5cm×9.1cm内に入ればいいので
  複数入れる場合絵はバラバラに書いてもOKです。
  (指示書に説明を書いてください。)

  イラストをメールで送れない方は郵送で。mailto

20190130_32

↑A 画像のみは +500円(手書き文字はAに含む)
↓B 画像と文字は +1,000円になります。
20190130_31

20190130_45

データを送っていただいてから数日後、
確認用の上記の様なデータをお送りします。

ご自宅で実物大でプリントアウトして確認すると
わかりやすいと思います。

イラストの締め切りは2月10日デス。


【ご自分で画像データ制作する場合】

画像は解像度 350dpi
カラーモードはモノクロ2階調 または グレースケール
イラストレーター上の配置画像は全て埋め込みにしてください。


モノクロ2階調にするには
Photoshopで
簡単な方法 イメージ→色調補正→モノクロ2階調

または

色々調整したい場合 イメージ→モード→グレースケールにした後、
もう一度イメージ→モード→モノクロ2階調にし
その時に「50%を基準に2階調に分ける」(出力を9999)を選択すると
はっきりとした黒にすることができます。

モノクロ2階調にした時に線のギザギザが気になる場合は
グレースケールスケールでも大丈夫ですが
コントラストを強くしてできるだけグレー部分を飛ばしてください。

写真の場合は「50%を基準に2階調に分ける」の2つ下の
「ハーフトーンスクリーン」なども試してみてください。

20190130_40

20190130_41

基本的な樹脂版の制作についてはこちらの記事をご覧ください


20190118_04

« レタープレスで名刺づくり 2019 | トップページ | くるくるレタープレス エンボスについて »

製本・クラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1835836/75031277

この記事へのトラックバック一覧です: くるくるレタープレス アナログ原稿について:

« レタープレスで名刺づくり 2019 | トップページ | くるくるレタープレス エンボスについて »