« くるくるレタープレス アナログ原稿について | トップページ | くるくるレタープレス 多色印刷について »

2019年1月29日 (火)

くるくるレタープレス エンボスについて

20190130_10

 

印刷会社さんにエンボスを発注すると高いし
あっけないくらい簡単なので
くるくるでエンボスするのはオススメですよ!

 

 

データは線の場合は1.5pt以上で制作をしてください。
(カリグラフィブラシを使う場合も一番細いところが1.5pt以上)

 

K100%で制作し凸版印刷用の樹脂版とは
別に名刺のガイドを制作して
欄外に「エンボス版/デボス版」とわかるようにしてください。

 

エンボスは広い面積のベタでも綺麗に出ます。
また、断ち切りのデザインも問題ありません。
凸のエンボスに対して、凹のデボスも可能です。

 

ちなみにエンボスをする時は背景に印刷がない方が
繊細なエンボスが引き立って良いように思います。
(無地にエンボスするのがオススメ。)

 

20190130_13

 

エンボス版と凸版印刷用の樹脂版は同じ素材の物です。
役割が違うので区別する為に今回はエンボス版としています。
エンボスにするためには
上下凸と凹の樹脂版で紙を挟んでエンボスを作ります。

 

左/エンボス版  右/凸版印刷用の樹脂版

 

20190130_12

 

エンボス版は5cm角程度まで +1,500円です。
それ以上になる場合はご相談ください。
(9.1cm×5.5cm 名刺内に入るサイズ +2,500円)

 

20170130_05

 

20170130_04

 

エンボスのデータ制作はメールでは説明が難しいので
今回は私の方で制作しますが
ワークショップではデータの制作についてもご説明しますね。

 

ちなみにインクをつけずにプレスする「空押し」も
デボス的な効果を出す事ができます。
樹脂版だけでできるのでこちらもオススメです。

 

20190408_02

 

 

Img_6210




 

 

« くるくるレタープレス アナログ原稿について | トップページ | くるくるレタープレス 多色印刷について »

製本・クラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くるくるレタープレス エンボスについて:

« くるくるレタープレス アナログ原稿について | トップページ | くるくるレタープレス 多色印刷について »