« 私のレタープレス事始め | トップページ

2021年11月24日 (水)

書物の出現 下巻

251004027_4526757994073483_6700242634233

@bookbinding_reliure先生が
ブックカバーチャレンジで紹介されていた
「書物の出現」を2020年の夏に上巻を一気に読んだ後、
下巻を1年間放置💦

去年に引き続き復習ののつもりで
NHKの高校講座「世界史」を見ていくうちに
「この頃、本の歴史ってどうなっているの?」と手に取り
読み始めたら下巻もあっという間に読破できました。
(人物の名前や書名は流し読み、
内容が詳細すぎるのが難点なんだよね💦)

上巻は16-17世紀の印刷職人達の流浪生活や
ユマニストとローマン体(思想と書体)
の関わりなどが印象的でしたが、
下巻のバベルの塔が崩れるような
終わり方は私的には衝撃。(ネタバレ??)

文中にはバベルの塔の表現はありませんが、
古典ラテン語を崇拝するがゆえに
皮肉なことにラテン語離れが進み、
各国の言葉の規格化が確立しゆく
そしてお互いの言葉が通じなってしまった。
そんなラストが衝撃的でした。

また、ペストとコロナはよく比較されていますが、
ペストからユマニストが生まれたように、
これから私たちの暮らしや考え方がどのように変化し、
後世の人がどのように感じるか…
そんなことも思いを馳せます。


この2冊の本のおかげで世界史にも
興味を持つことができたし、
自分なりに製本や印刷について
まとめるきっかけになりました。

@bookbinding_reliure先生、
良い学びの機会をありがとうございました。✨📕✨

259612252_4526757997406816_9653425171250

« 私のレタープレス事始め | トップページ

レタープレス&箔押しWS・製本・クラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のレタープレス事始め | トップページ

無料ブログはココログ