« クリムト | トップページ | 彩りⅡ マーブル紙作家 杉浦 綾 個展 »

2023年11月 8日 (水)

靴のラビリンス―苦痛と快楽

22_02_01

 

P8032904
P7261887


靴のラビリンス―苦痛と快楽
企画 INAXギャラリー
LIXIL出版 1992年 第1版
制作 2011年

表紙 丸背 総革 モザイク

見返し プリントペーパー

花布 グリーン × イエロー 裏打ち布

箱 スキバルテックス プリントペーパー ウーペケーネス

デザインを考え始めたのはなんと5年前の2006年!
どうしても金のフレームをデザインにしたくて、
箔押しにしようか?ホットペンで描けないか?
(→書いてみたけどいまいち。)

カリグラフィーのギルディングっぽくするには?
土台を作って金箔を貼る??と
かなりの試行錯誤がありました。


結局、金の革を強弱のあるリボン状にし、
エラガージュして貼っています。

この強弱の調整が難しかったけど、
何度もシミュレーションして完成させました。

この試行錯誤に時間がかかりすぎてて、
模索中の5年間に3冊の本の制作が間に入っています😅


20110417952
20110305884

こんな工程をかくと「製本って大変!」って
感じる方もいるかもしれないけど、
私にとって製本は1冊1冊の試行錯誤が勉強で、
それが楽しいのです。


箱はカルトナージュを勉強されている方から
教えていただいた物を参考に制作。

バックルは金属の様に見えますが金の革をくるんでおり、
一見シンプルですが面白い作りで気に入っています。


2011〜2012年は並行して2冊のブラデルを制作していましたが、
2013年からパッセカルトンの勉強を始めたため中断し未だ未完成💦

この作品がブラデル最後の作品になっています。

P7261900
20191010_05
22_02_04
P7261902

 

« クリムト | トップページ | 彩りⅡ マーブル紙作家 杉浦 綾 個展 »

レタープレス&箔押しWS・製本・クラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリムト | トップページ | 彩りⅡ マーブル紙作家 杉浦 綾 個展 »