« くるくるレタープレス ハガキワークショップ vol.3  4日目 柳ヶ瀬 | トップページ | コプト製本 »

2024年2月12日 (月)

杉浦非水の世界

8c6db6c79de4492ca63f798a2cec33a2

ヤマザキマザック美術館で開催している
「レトロ・モダン・おしゃれ 杉浦非水の世界」に、
ルリユールの友人と出かけてきました。


三越の冊子の「三越」の文字が毎回違って面白かったし、
金や銀の印刷が劣化せずきれいに残っていることが驚きでした。

ポスターはオフセットとリトグラフ(石版印刷)を
合わせて印刷した作品が多く、
当時どのような工程で印刷したのか、
印刷の表現が興味深く改めて印刷の勉強もしたいなと思いました。


作品を見ながら
友「この本、角の強化のために角革にしてるね!」
私「ほんとだ、しかも切り抜きになっているのがすごい。
 この仕様で当時の5円って今のいくらなんだろう?」

(後日調べたら10万円くらい??)と
あれこれ話をするのもまた楽しい。


ポスター、冊子、タバコ、装丁などデザイナーとしての仕事、
木版『非水百花譜』の作家としての仕事、
それぞれを見ることができたのが良かったです。

ヤマザキマザック美術館にて2月25日(日)まで。
関連でアール・ヌーヴォーの家具やガラスの器も結構あったので、
アール・ヌーヴォー好きな方ににもおすすめです。


« くるくるレタープレス ハガキワークショップ vol.3  4日目 柳ヶ瀬 | トップページ | コプト製本 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« くるくるレタープレス ハガキワークショップ vol.3  4日目 柳ヶ瀬 | トップページ | コプト製本 »