文化・芸術

2021年10月22日 (金)

名古屋イラストレーターズクラブ「Life」展

20211022

知り合いの方がたくさん作品を出してい
る名古屋イラストレーターズクラブ「Life」展に出かけてきました。
プロのイラストレーターさんの作品は壮観✨✨
アナログのイラストも多くてなんだかほっとするし、
大きいイラストレーションっていいですね!
「Life」展は24日(日)まで、
愛知芸術文化センター8階J室にて開催しています。

先週丸善で在庫0で落胆していた「デザインの引き出し44」、
もう一度丸善に行ったら再入荷してました✨🙌✨
諦めなくてよかったー!

2021年10月15日 (金)

松坂屋アートセッション

243257679_4409714555777828_4531767114016

松坂屋410周年記念のイベントを @satsuki.n.511さんが
総合アートディレクションされたという投稿を見て
学校の帰りに覗いてきました。

246120642_4409714539111163_4323643707424

まず南館のオルガン広場に入って先週マノマノさんで開催されていた
kaopokさんの個展にあった喜田小夜子さんの作品と思わぬ再会をしてびっくり。
すぐ隣にあった「マツガドピアノ」とも雰囲気が合っていて、
違う場所で見ると印象が変わって良いですね。

245934450_4409714542444496_1159442679895

246377623_4409714549111162_1455855605860
246320958_4409714559111161_4937821682028

それにしても「マツガドピアノ」のストリートピアノがすごく良かったなー。
色々な方が入れ替わり立ち替わり演奏して、
色々な方が立ち止まって聴いていて…
246115699_4409714552444495_6196408010477
246185369_4409714545777829_5716423640569

245632377_4409714565777827_6594458383136

コロナでギスギスしているつもりはなかったけど、
目的地で用事をすませたら寄り道をせずにさっと帰る日々はやっぱり閉塞感あって、
こんなゆったりとした目的のない自由な空気感は久しぶり。
ずっとピアノを聴いていたい気分でした。

@satsuki.n.511さんとはくるくるレタープレスWSに
参加してくださったのがきっかけで今でも仲良くしていただいているんだけど、
くるくるのお陰で色々な分野のプロフェッショナルの方と
たくさんのご縁が頂けていて、私自身も豊かになっているなぁーと思います。

松坂屋アートセッションは26日(火)まで
映画が無料上映されているので、
栄に行く用事があったらタイミングを合わせて
松坂屋に寄ってみるといいかも。
245928863_4409714562444494_1529724285728

2021年10月 8日 (金)

kaopokさんの15周年記念 作品展『Collection コレクション』


244281079_4385278998221384_6510048577580

243892246_4385278994888051_5164209147584

スタジオマノマノさんで開催している
kaopokさんの15周年記念 作品展『Collection コレクション』を
拝見してきました。

kaopokさんに丁寧に作品の説明をお伺いできてとても贅沢なひと時。
以前お伺いした5年前の作品展の時から新しい技法を取り入れて
どんどんと進化しているkaopokさん。見習いたいです!✨✨

本当は平日限定の『幾何学ノート』ワークショップに
参加させていただきたかったんだけど、
学校帰りでお昼ご飯も食べずにお伺いしちゃったので体力が持たず…😓

だけど作品展で偶然1年ぶりの製本友達に会えたし、
『幾何学ノート』のミニチュアガチャが2種類あるタイミングだったので、
2種類ともガチャしてウキウキで帰宅しました💕

また5年後が楽しみです💕📖💕

作品展は〜12日(火) @studiomanomanoさんにて。
手製本好きはお見逃しなく😉

244412053_4385278988221385_4418488056368
244411285_4385278991554718_6072200258737


2021年9月16日 (木)

平行書物展 ~Il libri parallela~

242127371_4315071648575453_1034419548650

ON READINGさんの10周年企画
『平行書物展 ~Il libri parallela~』に出かけてきました。
前日まで豊田市美術館のモンドリアン展と迷っていたんだけど、
見に行ってよかったです。

作家さんから届いた作品をもとにON READINGがつけた
架空の書籍のキャプションが面白かったー!
キャプションも含めて作品ですね。

束のある本の設定だったので、
背表紙のデザインも見応えがありました。
やっぱり本って楽しい💕

展示は〜20日(月・祝)まで。
オンラインでは予約中の図録も購入できましたよ。
ON READING 平行書物展
https://onreading.jp/exhibition/10th/

コロナの影響で「日本ブックデザイン賞」がフェイドアウトしてしまい、
装丁の授業をしてないけどまた編集の授業で装丁をやりたくなるなー。


242072520_4315071645242120_7050125376816 




2021年3月25日 (木)

オートクチュール刺繍教室 作品展

163759397_3801952273220729_5810250986756

愛知県芸術文化センター B2F 地下アートスペースX室で開催している
オートクチュール刺繍教室の作品展を拝見してきました。

日本の刺繍とちがった、フランス、インドの刺繍は
ビーズ、スパンコール、チュールレース、革など、
色々な素材や技術の組み合わせがレイヤーになっていて
とても美しかったです。

オートクチュール刺繍教室の作品展は10:00-18:00
最終日は28日(日)17:00まで。

オートクチュール刺繍教室のリーフレットを何気なく見ると
教室にはフランス語講座もあって、
刺繍留学のためのフランス語クラスがあったり、
刺繍のためのフランスツアーがあってとっても羨ましい!

そして、作品展で疑問に思っていたアンカードルモンについて調べてみたら、
フランス額装=カルトナージュと思っていたけど、
フランス額装=アンカードルモン「Encadrement」なんですね。
ルリユールの額縁装=「Encadrement」がやっと合致しました💦
(こんな事さえも知らない私ってお恥ずかしい…💦

カルトナージュは厚紙を使ったクラフトの総称で、
簡単な製本だってカルトナージュだしねー。

製本留学のためのフランス語クラスや、
製本のためのフランスツアーがあったらいいのに!✨✨

164128200_3805664936182796_7640157727034
↑は私のルリユールの本。
語学が弱いので簡単な所でつまづいてしまいます😭

2021年1月12日 (火)

Print for Sale→杉本さなえ展



138260949_3606152399467385_1352652296962


昨日は午前中に入稿を済ませ、昼ごはんを手早く食べて
ガルリ・ラペ「Print for Sale」
  ↓
ON READING杉本さなえ展」に出かけてきました。

138399760_3606152409467384_1096674377499

138760890_3606152396134052_1246345829484


杉本さなえさんの「Close Your Ears」は美篶堂のSNSで拝見していて、
本を手にとってみたいと思っていたので最終日に間に合ってよかったー!

「Close Your Ears」はリソグラフで印刷されているので、
原画との違いをゆっくりと見ることができました✨✨

138539879_3606152402800718_2977978257730

ギャラリーをハシゴして、満ち足りた気持ちでに帰途に着く。
あーやっぱり時々チャージしないとね。


ON READING の杉本さなえ展は終了してしまいましたが、
ガルリ・ラペ 「Print for Sale」は1月24日(日)まで。
11:00〜18:00 (金曜20:00まで) 水・木休廊。

色々な作家さんが様々な印刷表現に挑戦されていてとても楽しかったです。
興味のある方は是非足を伸ばしてみてください。

138242394_3606152406134051_5914640402501
138200191_3606152392800719_8808204486367

2020年10月31日 (土)

ミナ ペルホネン / 皆川明 つづく展

123325996_3412277195521574_6359008529305
123318010_3414548628627764_1178855216211
10月から後期の授業が始まり、
気持ちが落ち着かない日々が続いていたけど
前日に「明日、神戸に行こう!」と思い立って行ってきました。

できれば神戸観光もしたかったけど、
色々と気になる状況なので一人で美術館だけの秋の遠足、
兵庫美術館の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展。

写真OKのエリアも多く、展示の仕方も素敵だったし、
制作のプロセスを見ることができてとっても学ぶ事の多い作品展でした。

コロナのおかげ???で会期が伸び、
事前予約制だったのでゆったりと観ることができたしね。

気候も良く、お着物のお客さんも多かったなー。
ミュージアムショップのグッズはイマイチで残念だったけど、
密になっちゃうから仕方ないかな。(散財せずに済みました。)

会期は11月8日(日)まで、入場は日時指定による事前予約が必要です。
行きたいと思っていた人!来週までですよー!
123435853_3414548665294427_5343534999749
123241877_3414548788627748_2562336332868
123315847_3414548878627739_2219378619642
123318013_3414548971961063_2133252598792
123354655_3414549118627715_6066009708577
123339337_3414549341961026_4126060315290
123312135_3414549268627700_6171390717140
123299264_3414549191961041_1906499411268
123246833_3414549405294353_8809163019681
Pa317342

2020年10月 8日 (木)

第61回 河文座に行ってきました。

400年続く名古屋の老舗料亭「河文」の中庭で行われた
「河文座」にお誘いいただき出かけてきました。

20201007_01
20201007_02

舞妓さんの踊りや
男性役の芸妓さん?のユーモラスなしぐさが可愛らしかったし💕
色々な演目が盛りだくさんだったので1時間あっという間、
歌舞伎ソムリエのおくだ健太郎さんの解説もあって
日舞や歌舞伎に縁のない私でもわかりやすく楽しめました。

20201007_04

20201007_06

20201007_07

 


昨日は開演前から雨が降り出し、
濡れた庭の緑と雨音が風情があってとても素敵でしたが、
踊る皆さんは寒かっただろうなぁー。

名古屋のお座敷の名物芸「金の鯱」では石舞台に顔をつけて、
すっと逆立ちする姿はさすがプロフェショナルです!
20201007_03
次回はお食事付きの夜の部に旦那さんと行ってみたいし、
いつか歌舞伎デビューもしてみたいな✨✨

貴重な機会をありがとうございました!

20201007_05

 

20201007_08

20201007_09
Pa077063
Pa077075

20201007_10
Pa077089

2019年11月 3日 (日)

市田文子さんのルリユール作品展に行ってきました。 

製本仲間のTさんに誘っていただき、
神戸で開催中の市田文子さん(@bookbinding_reliure)の
ルリユール作品展にお伺いしてきました。

市田さんの作品を初めて拝見したのは
2012年5月のfrgm (フラグム)でのグループ展で、
その時は「素敵✨✨」と遠い世界の方の作品を見ている感覚でしたが、
今回は市田さんにお会いして丁寧に技法についてお伺いする事が出来て
とても身近に感じる事が出来ました。

実は最近これから自分が製本とどう関わっていこうか悩んでいましたが、
市田さんがまだまだ新しい技法に挑戦しているお話に、
私自身もっと色々挑戦したくなってきました。

羊皮紙の透明感のある質感の作品が印象的で綺麗だったなー✨✨
やっぱり総革の本やシュミーズも作ってみたいなー💕
異素材との組み合わせの本も楽しそうだなー🎶
心が躍ります!

他のお客様との会話もすごく勉強になって、
結局3時間もお邪魔してしまいました💦
個展は明日までですが、ルリユール学んでいる方是非!

市田文子ルリユール作品展 
Reliure - Corps d'ouvrage - Livre 本の「身体」
2019.10.31(木)- 11.4(月)
12:00 - 19:00(最終日18:00)
会場:Cultivate Gallery
〒657-0836 兵庫県神戸市灘区城内通4-8 第26号

20191101_01

20191101_02

20191101_03

20191101_04

2019年10月 8日 (火)

クリムト展 ウィーンと日本 1900

71704885_2446872472062056_92096103689329
豊田市美術館で開催している
「クリムト展 ウィーンと日本 1900」を
見に行ってきました。

色々な方の投稿を見て大混雑を覚悟で行ってきましたが、
平日という事もあってか「作品の前で並んで移動しないと見れない〜」
という事態ではありませんでした。(一昨年の大阪の北斎は凄かった💦)

まずは普通に最後まで作品を見たあと、
体力が残っていたら好きな作品まで戻るのですが、
今日は一番最初の作品まで戻る事が出来、
十分楽しむ事が出来ました。😀

今回の展示は「過去最大級」と期待して行ったのもあってか、
思っていたよりも作品が少ない??と言う印象。

クリムト自身の作品は少なかったけど2013年に開催された
愛知県美術館での工芸を絡めた展示の方が満足感があったかなぁ…。

でもベートーヴェン・フリーズの壁画は
油彩とは違う色合いが素敵だったし(複製だけど)、

クリムトがデザイン、弟ゲオルクが彫金したレリーフや、
エミーリエ・フレーゲに宛てた手紙の文字の美しさ、
小さな赤い手帳の素描など、
色々なクリムトを見る事が出来て良かったです。

最後のミュージアムショップが思っていたよりも広く、
商品も多かったけど結局何も買わずに帰宅後、
海野弘さんの本を開いて今日の余韻に浸っていました。

10月に入って後期の授業が始まり、
慌ただしく過ごしていたので久しぶりにリフレッシュ。
お付き合いいただいたトモミさんありがとう!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ