⑩ 樹脂版の種類について

樹脂版はスチールベースと硬質樹脂版との2種類あります。

2020年春まで写真右(金色)のスチールベース版を使用していましたが、
廃盤となってしまったのと、
新しい写真左(青色 )のスチールベース版 が少し柔らかいため
2020年秋以降は硬質樹脂版を使用予定です。

20200401_02

スチールベース
版が硬いので
印圧がかかりやすく細い文字や線に適しています。
1色1版の方
直線でカット数が少ない方
(直線で4カット程度まで、カットするパーツ間は10mm程度空けてください。)
住所の文字が小さな明朝体の方などに向いています。

20190130_07_01_2

↑スチールベースをカットした版

硬質樹脂版
ハサミで自分でカットできるのが特徴です。
曲線または、カットが多い方
硬質樹脂版は 細い文字や線が刷れないわけではありません。
(スチールベースと樹脂版、あまり差を感じない人もいます)

20190621_01
↑ 硬質樹脂版をカットした版

 

20190701_04

一番右の版はもう少しスペースに余裕があった方がカットしやすいです。